TOPICS
<エントリー>
リクナビ2020にてエントリーを受付中です。
ETロボコン動画
ETロボコン2016 チャンピオンシップ大会入賞
ソフトウェア開発を行う新入社員向け技術研修の一環として、ETロボコン・デベロッパー部門・プライマリークラスに2014年より参加しています。また学生向けインターンシップにおいても、ETロボコンをとりいれたプログラミング体験を実施しています。
2016年は南関東地区大会総合優勝、チャンピオンシップ大会第3位入賞しています。

学生のみなさまへ

このホームページを通じて、私たちの取り組む事業や職場環境をご紹介いたします。

ジスクソフトは昭和45年(1970年)の創立以来、常にチャレンジ精神をもって新たな技術分野へ挑戦をし続けてきた会社です。2020年には創業から満50年を迎えます。そして、さらに次の50年も新たな技術に挑戦しながら100年企業を目指してまいります。 今後も制御・組込みシステム開発とシステム運用・保守サービスの分野で「モノと人をスマートに結ぶ」企業として安全で快適な社会の実現に貢献してまいります。

メッセージ

社長メッセージ

IT業界を目指す学生のみなさんへ。
近年、IoTや人工知能、ロボットなど「デジタル革新」と言われる新たな取り組みが具体化しつつあります。これらの変化は従来の業種を隔てていた壁が崩れ流動化することを意味します。そして、変化の行きつく先は政府が進めている「Society 5.0(超スマート社会)」です。この超スマート社会では現実空間とサイバー空間が融合され、誰もが快適に生活できる人間中心の社会が実現されると言われています。当社はこのような社会の実現に、自社の強みを活かしながら最新技術を駆使し貢献していきたいと考えています。

今後はIT技術者に求められる役割や能力はますます拡大していきます。IT技術に留まらず企画力のある人財や他者と共創のできる人財など多種多様な人財を求めています。

このような時代だからこそ、ワークとライフのバランスが一層重要になっております。当社は昔から「仕事を楽しみ、人生を楽しむ」を社員信条として揚げており、社員全員が達成感を共有し、「開かれた経営」「明るく躍動感のある企業」「働きがいのある企業」を目指しています。

IT業界はますます多種多様なIT技術者が必要な時代になります。いっしょに仕事を楽しみ、人生を楽しみましょう。


代表取締役社長 上坂 昌和
代表取締役社長 上坂 昌和

採用担当者メッセージ

当社は「モノと人をスマートに結ぶ」ことにこだわりを持ち、どうしたらよりよいソフト開発・運用保守サービスを実現できるかの創意工夫を繰り返すことで成長してきました。

社員の成長が本人の働きがいや会社の成長につながると考えており、技術研修だけでなくリフレッシュ研修やヒューマン・マネジメント研修など、さまざまな人財育成の取組みに力を入れています。

開発未経験でもこうした取組みやチームワークを大事にする職場環境を通じて、10年後には会社の主力となる技術者としてあなたを成長させます。

新たな時代に向けて、共に「成長」へとチャレンジしていただける「あなた」をお待ちしております。

会社を知る

基本方針

1.プロフェッショナルを目指して
無免許禁止運動を全社的に広げ、全社員が業務に係わる公認資格・免許を取得することを奨励・推進し、真のプロフェッショナル集団を目指します。
2.必要不可欠なパートナーを目指して
プロフェッショナル集団として高品質な技術とサービスを提供することによりお客様のニーズにお応えし、お客様にとって必要不可欠なパートナーになることを目指します。
3.特化したサービスメニューを目指して
当社らしい特化したサービスメニューを目指しつつ、他社との連携も踏まえた新サービス・新商品の開発販売にも挑戦します。

社員信条

「仕事を楽しみ、 人生を楽しむ」
変化の速いICT業界では個人の高い技術力と強いチームワークで合理的なやり方で進めていくことが大切。限られた時間を有効に活用する正しい進め方で、ワークライフバランスをはかりながら仕事も人生も楽しもう。

ジスクソフトのサービス

モノと人をスマートに結ぶ
制御・組込みシステム開発とシステム運用・保守サービスでこれまでも、そしてこれからも必要不可欠なパートナーでありつづけます サービスフィールド


制御・組込みシステム開発
約50年にわたる組込みシステム開発の実績と、設計段階から品質を丁寧に作り込むことにこだわり、信頼性の高いソフトウェアを提供しています。

サービスマップ1

システム運用・保守サービス
お客様のご要望に合わせた豊富なサービスメニュー。業務改善提案を行い、お客様満足度の高いサービスを提供しています。

サービスマップ2

環境を知る


サービスを支える取り組み
当社が提供するサービスはチームの総合力が重要です。サービスレベルを高め、より一層お客様にご満足いただけるよう、社会人としての基礎、個人スキルとチーム力アップを大事にして計画的・体系的なカリキュラムで技術力向上とヒューマンスキル向上を進めています。

社員教育

計画的な3つの社員教育を主軸とし、主に3つの教育手法を駆使して、社員一人ひとりの可能性を発掘します。
技術研修
プログラミング言語教育、保守・サポート系技術教育、IT関連資格取得支援、外部通信教育、セミナー参加などにより、業務固有の技術教育を配属先の各事業部が主体的に実施します。
リフレッシュ研修
社員全員を対象に「セキュリティ教育」、「安全衛生教育」、「環境教育」、「BC(事業継続)」など毎年実施しています。
ヒューマン・マネジメント研修
配属前からゼネラルマネージャーまでを6レベルの人材像に分け、各人材像に応じた集合研修を全社的に実施します。
講師と受講者が一緒に「研修の場」をデザインしながら進めていき、主体的に参加することで、多くの「気づき」につなげていきます。

福利厚生

入社から退職に至るまで社員が安心して生活をおくれるよう各種の福利厚生制度を整備しております。
制度については国の社会保険制度がありますが、ジスクソフトではそれに加えて社員全員が対象となる各種制度を用意しています。
こうした制度を通して公的保障・企業福祉・自助努力のバランスをとり、社員の生活をサポートしています。

各種制度

住宅転居補助制度
限度額は20万円で、敷金礼金、引越し代等の転居にともなう諸費用を補助します。
借り上げ社宅制度
通勤2時間以上の遠方に実家・住居がある方向けに借り上げ社宅を用意します。
退職金制度
勤続3年以上の正社員が退職もしくは死亡した際、在職中の功労に報いるための退職手当として支給しています。
企業型確定拠出年金制度
社員の老後における安定した生活に役立てることを目的としており、個人ごとに運用の選択や掛金の増額ができます。
出産・育児休職制度
女性の方にも安心して働いていただけるように、出産や育児のための休職、時短勤務制度を設けています。
介護休職制度
家族の介護のために一定期間の休職、時短勤務できるよう支援しています。
財形貯蓄
3年以上定期的に賃金からの控除により、積み立てていく貯蓄のことです。
同好会
仕事以外の場でもコミュニケーションの向上を促進するため、スキー、ゴルフ、サッカーなど様々な同好会が活動しています。
親睦会/共済会
冠婚葬祭、出産、傷病、災害などの一時金を給付しています。

その他

各種保険
雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険を完備しています。
休日・休暇
完全週休2日制で土日祝日お休みです。勤続5年ごとに取得できるリフレッシュ休暇などの特別休暇があります。
施設
健保組合保養所/体育奨励施設利用補助(各種テーマパーク等の利用補助)

認証・取組み

一般事業主行動計画
女性活躍推進法
次世代育成支援対策推進法
情報セキュリティ ISO27001
品質保証 ISO9001
安全衛生 社員のケア
環境対策 エコステージ
子育て支援 かながわ子育て応援団

人を知る

先輩社員紹介

システムソリューション事業部
N・K(2018年入社)

女性社員
出身校・学部・学科
文学部・歴史学科
ジスクソフトに入社を決めたきっかけ
私は就職活動を始めた頃、業界を絞らずに合同説明会で少しでも興味がある企業の説明を受けに行きました。ある合同説明会で、IT業界でも文系出身者が活躍していることを聞いて、神奈川県のIT企業だけの合同説明会に行ったところ弊社を知りました。そして、会社説明会での採用担当の方の人柄や、会社の雰囲気から選考を受けることを決め、内定をいただきました。しかし、内定をいただいたものの、未経験ということから不安がいくつかありました。不安なままではいけないと思い、相談させていただけないか尋ねたところ、機会を設けていただけることになりました。相談では、採用担当の方が不安なことを一つ一つ丁寧に聞いて答えてくださり、会話をしていく中で不安が軽くなっていき、チャレンジしてみようという気持ちになりました。
業務内容
公営競技向けの端末のアプリケーション開発
プロジェクトの人数
7人
研修・仕事でうれしかったこと
新人研修で参加したETロボコンという大会は、自分達で作成したプログラムを入れたロボットを走らせたタイムと、プログラムをどのように構成するか検討してモデルシートというものに書き、その内容の評価で順位が付けられます。私はモデルシート作成の担当になり、同じ担当の同期とモデルシート完成に向けて話し合いを重ねていきました。また、作成したものを先輩社員や研修担当の方に何度も見ていただきました。提出が締め切りギリギリになってしまったものの、「なぜこうしたか」と一つ一つ妥協せずに話し合って作成したため、大会では良い評価をいただき、社員の方にもお褒めの言葉をいただきました。
今の目標
基本情報技術者試験の合格
就活生へのアドバイス
就職活動中、同じく活動中だった友人から「仕事をしていく中で譲れないものを挙げ、その中で優先順位を決めて上位の条件にあてはまるところを探すと良い」というアドバイスをもらいました。例えば、通勤時間は1時間以内、土日は休み、引っ越しを伴うような転勤はなし、などが条件に挙げられると思います。私はノートに6~7個ほどの条件を書き、なるべく上位の条件にはあてはまる企業を探しました。選考を受ける企業を絞れなかったり、どこを受けるか決められない時に試してみてください。

システムソリューション事業部
錦織 誠(2017年入社)

錦織 誠
出身校・学部・学科
日本大学大学院 生産工学研究所 数理情報工学専攻
ジスクソフトに入社を決めたきっかけ
会社説明会で受けたATMの業務に興味を持ち、「取引の時間を短縮したい」、「セブン銀行のように飽きさせない画面にしたい」と思ったため。
業務内容
ストレージのドライバ開発を担当。現在はストレージに慣れるため、GUI(グラフィカル・ユーザ・インターフェース)とCLI(コマンドライン・ユーザ・インターフェース)を操作しながら作業手順書を作成中。
プロジェクトの人数
自社は3人、取引先の人も含めると8人。
研修・仕事でうれしかったこと
1:定期的に声をかけてくださること。こちらから声を掛けづらいときもあるので、向こうから来てくださることで会話がしやすい。
2:頼みごとをしても嫌がられないこと。こちらも「お忙しいとは思いますが」とつけるが、快く引き受けてくださっている。
今の目標
ストレージを操作するためのGUI/CLIの動作を覚える。
就活生へのアドバイス
1:内定をもらえていなくても焦ったり自棄になったりしないこと。落とされたところには「採らなかったことを後悔するといい」くらいの気持ちでいると、多少は気持ちも楽になるかと。
2:自己分析やアピールポイントを探すときは、親や友人を頼ってみるのも一つの手かと。付き合いの長い相手ほど、自分の意外な特徴をわかっていることもある。いい点、悪い点、印象に残ったエピソードなどを聞いてみると、面接等の長所や、自分では気づかない癖を知ることができるかも。私の場合、「面接の際、錦織は話し方に関しては問題ないが、緊張で口調が早くなるから気を付けて」と友人に教えてもらったり、「高校三年から大学院までアルバイトを続けてきたのだから、物事を長く続ける力がある」と家族からアドバイスを受けたことが役に立ったと思います。

システムソリューション事業部
有村 佳樹(2016年入社)

男性社員
出身校・学部・学科
岩手県立大学 ソフトウェア情報学部
ジスクソフトに入社を決めたきっかけ
ジスクソフトが大学行事の企業合同説明会に参加していたのがきっかけ。企業説明の仕方がどうだったかはもう覚えていませんが、とにかく第一印象が良かったのは覚えています。
業務内容
簡単に言うと、サーバを監視する装置のファーム開発。私より年上の装置なので労わることがメインです。
プロジェクトの人数
5~6人
研修・仕事でうれしかったこと
研修期間が長いこと。他の企業と比べて2倍以上の研修期間があるので、のびのびと力を付けることができました。配属までに十分な期間があるので不安がる必要はありません。
今の目標
痩せること
就活生へのアドバイス
どの企業が自分に合っているか悩むのは当然であり大事なことですが、だからと言ってより多くの会社説明会に参加すれば良いというものではありません。まずは自分に何がしたいか問いましょう。在学生は大学生活の中でその答えを見つけられたら勝ち組です。

アドバンストサービス事業部
H.T(2017年入社)

H.T
出身校・学部・学科
工業専門課程 ITスペシャリスト科
ジスクソフトに入社を決めたきっかけ
お客様が大手で有る事。又、インフラ構築に携わりたかったため。
業務内容
ファイルサーバ更改
プロジェクトの人数
4人
研修・仕事でうれしかったこと
・研修時代)資格を取得出来た事で自信が付いた。
・仕事)お客様や先輩社員に「ありがとう」と言われたこと。
今の目標
・少しでも先輩社員やお客様の力になれるよう努める。
・ミドルウェアの技術スキル取得。
就活生へのアドバイス
エンジニアという仕事は恐らく皆さんの思っている以上に文書の作成が多いです。構築や運用だけでなく要件定義書や設計書、運用手順書等を作成するので、今の内に”聞く力”と”書く力”を鍛えておきましょう。

アドバンストサービス事業部
H.H(2017年入社)

H.H
出身校・学部・学科
日本工学院専門学校
ジスクソフトに入社を決めたきっかけ
・採用育成センタの対応、印象が良かったからです。
・取引先相手が安定しているからです。
・福利厚生が充実しているからです。
業務内容
サーバのハード保守
プロジェクトの人数
20人ほどです。
研修・仕事でうれしかったこと
徐々に対応できる障害が増えていることです。
今の目標
サポート員として一人前になることです。
就活生へのアドバイス
学生時代の内に資格取得とアルバイト(社会経験)をしとくと就職活動に活きてきます。就職活動時には色んな企業に関心を持ち、視野を広げると良いと思います。

エントリー

採用フロー縦

新卒採用・エントリーについて

説明会のご予約・エントリーは、リクナビ2020にて受付けております。


FAQ (よくある質問)

事業所・アクセス

本社外観
〒211-0063
神奈川県川崎市中原区小杉町1-403 武蔵小杉STMビル3F
詳細な地図(GoogleMap)

TEL 044-711-2661(代表/採用育成センタ)
FAX 044-722-1155

武蔵小杉駅からの経路

JR (南武線) 武蔵小杉駅
徒歩5分:北改札より
JR (湘南新宿ライン/横須賀線) 武蔵小杉駅
徒歩15分:連絡通路を通り北改札(南武線口)を通過する経路
東急(東急東横線/東急目黒線) 武蔵小杉駅
徒歩 7分:正面改札より連絡通路、北改札前を通過する経路
加盟団体
一般社団法人 IT産業懇話会