環境対策

基本理念

私たちの生活基盤である地球環境は、温暖化、資源枯渇、その他環境汚染など、深刻な状態にある。
当社も情報サービス産業という事業活動の中で、限りある地球環境の保全のために、従業員ひとりひとりの積極的な取組みを継続し、環境保全活動に努めていくのが課せられたひとつの使命であると認識する。
そのため常に次のことを念頭において事業に取り組み、地球環境に融和し、地域住民や全ての利害関係者からの揺るぎない信頼を維持していくことを公言する。

  • 環境パフォーマンスの維持的向上に努める
  • 資源の有効活用とそのための改善を推進する
  • 環境に関する法令・規制・協定を順守する
  • 従業員全員の環境保全意識を高く保ち社会との共生を図る

環境方針

当社はコンピュータソフトウェアの開発及び保守、操作する会社として、社会に貢献するとともに、全ての事業活動の中で環境に主要な影響を与えるCO2の排出を抑制するなど生物多様性保全にもつながる環境保全活動に取組み、地球環境を継続的に改善することによって、緑豊かな地球環境に融和し、住民・顧客・従業員・その他の利害関係者から信頼される事業者であり続けるため、以下にその方針を示す。

1. グリーン調達の推進
物品やサービスの調達にあたっては、環境負荷の少ない製品等を積極的に選択し、グリーン調達を最大限に推進する。
2. 資源消費量の抑制と循環型活動の推進
物品の使用を合理化するとともに、リユースやリサイクルを進め文書の電子化を推進し、資源エネルギーの消費量を抑制すると同時に、廃棄物を積極的に削減する。そのために計画を立案、実施し、成果を評価して見直し、さらには次なる改善目的及び目標につなげるための環境マネジメントシステムを構築する。この中には適切な汚染の予防活動も含める。
3. 法令順守(コンプライアンス)
環境に関する法規法令、規制、条例、協定、その他の合意事項を順守するのみならず、自主的な環境管理基準を策定し、いっそうの環境保全を図る。また、社会の一員として「社会のルールを守り公正と誠実な経営」を実施する。
4. 環境保全活動の推進
環境マネジメントシステム(EMS)を構築し、環境保全活動の継続的改善、資源エネルギーの消費量抑制とCO2排出量把握によるCO2排出抑制/削減に向けた活動および河川や森林の生態系保全事業などの社会貢献活動へ参加することによる生物多様性保全への取組みを進めながら、従業員への教育・啓発により全社をあげて環境保全活動を推進する。

基本理念及び環境方針は、当社のホームページに掲載し、全従業員に周知するとともに社内外にも開示し、求めに応じて一般の人も入手できるようにする。また、主要な協力会社、納入業者にも呼びかけて、当社の環境保全活動に理解を求める。

以上
2017年6月21日
ジスクソフト株式会社
代表取締役社長  上坂 昌和

pagetop